Others - For Earth     2011/4/15


福島原発、とても気になります。

予断を許さない状況なのにテレビではほとんど触れていないことに違和感を感じます。

これだけ放射性物質を垂れ流し状態でも「問題ない」と繰り返す人たち。
本当にそうなのでしょうか。

水道水も野菜も3月17日以降、政府は基準値をWHOやコーデックスの安全基準とかけ離れた数値を設定。
コーデックスとはFAO(国連食料農業機構)とWHO(世界保健機構)によって設置された委員会。

ヨウ素に関して言えば例えば東京都の水道水、
不検出といっても放射能性物質(ヨウ素131)が0ではないんです。
20ベクレル/キログラム以下であれば不検出と発表しています。
そして乳児に対しては100ベクレル /キログラム
成人は300ベクレル/キログラムまでOKとしてしまいました。

因みにWHOの安全基準は成人で10ベクレル/キログラム。

3月17日以降、政府は日本の基準値をWHOの30倍にしちゃったんです。



野菜ではヨウ素131は2000ベクレル/キログラムまで大丈夫と。

因みにコーデックス基準値は100ベクレル/キログラム。

3月17日以降、政府は日本の基準値をコーデックスの20倍に。

当然海外には輸出出来ません。

そんな世界中の人がそっぽを向く食品を
政府は2000ベクレル/キログラム以下であれば「基準値を下回る」として市場に出回ることを許可しています。

放射能性物質が人体にどのくらいの影響を与えるのか私には分かりません。
20倍、30倍摂取しても全然大丈夫なのかもしれません。
でも子供や妊婦さんは出来るだけ摂取するのは少ないほうがいいんじゃないかと思う。
よくCTスキャン何回分とか聞くけど、単なる照射と口から放射性物質を取り込む内部被曝とを同じにしてもいいものなのか。
半減期が8日のヨウ素は兎も角、セシウムは半減期が30年。
内部被曝をし続けると思うと全然大丈夫ではなさそうなんですが。

政府は「基準値を下回る」と言った曖昧な言葉ではなく、きちんとした数値で発表するべきだと思う。
そしてその野菜を買うかどうかは消費者に判断させるべきです。

自分で調べて考えて判断していかないと大切なものを守れない世の中になっちゃった。