Kids -  Game     2011/10/17


昨日我が家はちょっとした事件があった。

お庭掃除をしていたら
子供たちがランチにピザを食べたいというのでオーブンに入れて焼きはじめました。
そして再び私はお庭に出て庭掃除。
そろそろ焼きあがる頃合を見て2階にいる子供たちに
「ピザもう出来るよー。早くおりてこないと焦げるよー。」と声かけをした。

5分経っても子供たち、ちっともおりてきやしない。
庭仕事を中断してピザを見に行くとピザはちょっと焦げてた。

「もう! ピザ焦げちゃったでしょ!」と叫んだけど

シーーーーーーーン。

子供たちがおりてくる気配が全くない。

久々にプチンと切れてしまいました。

すぐさま2階に駆け上がりXboxをしていた次男のヘッドホンをもぎ取り、
Xboxを床に叩きつけた。

そして自分の部屋でヘッドホンをしてコンピューターゲームをしていた長男にも
同じようにヘッドホンをもぎ取りPCを投げ倒した。

子供たちがずっと欲しがっていたXbox360
2ヶ月前に2人でお金を出し合って買ったばかりだった大切な物。
それを壊してしまいました。

滅多に泣くことのない長男が泣き出した。
そして「 I hate you! 」と何度も言った。

ご飯よーと呼んでもなかなかおりてこないし、
やっと食べ始めたと思ったらゲームがしたいばかりにサッサと済ませてすぐに2階に上がる。
そしてどこにも出かけようとしなくなった。

「いい加減にしないとXbox壊すからね。」とこの2ヶ月何度も言ってきた。
それが昨日だった。

午後はEnzoのドッグスクールがあった為、
泣いている長男と落ち込んでいる次男を置いて夫と出かけたけど、
その間中、もしかしたらチェロを壊されているんじゃないか とか
ミルクグラスを割られているかも とか
少なくとも次男はシバかれているだろうな とドッグスクールの間そんなことばかり考えていました。

夫もそう。この事態をどう収拾しようか悩んでいた。

ドッグスクールの後、夫は買い物をするため私だけが先に帰ったら
ちょうど2階に上がろうとする長男とばったり。

そしたら「お帰り」とポツリと言って自分の部屋に入っていった。

私は「ただいま」が言えなかった。
何だか私の方が大人気なくて泣きたくなってしまった。

大切な物を壊してしまったのに、
私の大切なチェロは壊れてなかったし、ミルクグラスも割れていなかった。
そして次男もシバかれていなかった。

私が長男だったらしばらく口もきかないし、仕返しに大切にしている物を壊していたと思う。

少し前に長男の写真をみたある方が
「本当に素直な子だね。こんなに素直な子はそういないから大切にしてあげなさい。」と言ったのを思い出した。
この方は本人に会わなくても写真だけである程度分かるのだそうだ。

何やってんだか私。
もっとよく話し合っていればこの子たちはちゃんと分かってくれたのにな。

XboxPCiPodも使えなくなった子供たち、あれ以来文句をいうわけでもなく昨日今日と普通に笑い合う。
「今日はちょっと歩こうか」という夫の提案で午前中4人でブッシュウォーキングに出かけ8キロほど歩いてきた。
そして午後まったりと過ごしていたら長男のお友達が突然やってきた。

昨日PCで一緒に遊んでいる途中でブチっと連絡が途絶えたきり、
今日になってもXbox、PCのどちらにも現れないから
何かあったのかと心配して自転車で駆けつけてくれたのだ。

学校では問題児と言われているこの子だけど、
いつも会うたびに「Hello! Mrs.○○!」ときちんと挨拶してくれる本当にいい子なのだ。

真っ直ぐに成長しようとしている子供たちの邪魔をしているのは私なのかもしれない。



Labrador -  Puppies     2011/10/06


昨日はテニスコートがあるお宅にお呼ばれし行ってきました。
ホリデー中はテニスレッスンがお休みなのでいつも場所を提供してくれるのです。
ソーシャルテニス&ランチの集まり。
子供たちも同じ年齢なので仲良く遊ぶし、ワンちゃんも一緒にどうぞと言っていただいたので
子供たち&お言葉に甘えてエンちゃんも一緒。

そこのお宅のワンちゃんは3歳のゴールデンとプードルのクロス犬。
オーナーのいう事を忠実にきくとっても良い子。

2匹のワンちゃんが少し慣れて落ち着いた頃にもう1匹のワンちゃんが到着した。
この子はエンちゃんとお誕生日が数日違いのパピー。

パピーのパワーはすごいですよ。

会った瞬間からプロレスですよ。
しかも休むことなく延々と。
2匹が転がりまわって花壇のお花をなぎ倒してしまうし、枝を折っちゃうし大変でした。

そんなやんちゃな2匹を3歳のワンちゃんが、
花壇に入り込んだら注意し、プロレスの度が過ぎるようだったら仲裁もしてくれる。
3歳くらいになるとこんなに落ち着いてくれるのかと感心しました。


これエンちゃん達が暴れて折ってしまった枝。
お金のなる木だそう。
水差しでもどんどん育つよとお土産にいただいた。
ほんとに申し訳ない。

そしてこの方、遊び疲れて呼んでも起き上がる気全くなし。

エンちゃんはもうすこし落ち着くまでお留守番だね。



Labrador -  Dog park     2011/10/03


寒くなったり、暑かったり、雨が多かったりと
あまり天候がよろしくないシドニーですが、
週末からサマータイムになりました。
なので日本との時差は2時間になります。

Enzoももうすぐ20週。
とにかくいたずらっこ。
毎日いろんな物を壊されています。
もちろんその都度ちゃんと叱っていますよ。
叱ってはいるのですが、、、可愛くて可愛くて可愛いのです。



ポカポカ日和だったある週末の午後、ビールでちょっとほろ酔いの夫とドッグパークで遊び疲れたエンちゃん、
デッキでウトウト気持ちよさそうにうたた寝。

ほのぼの。


今日はドッグパークのお話。

注射が終わってやっとドッグパークにも連れて行けるようになったのですが、
ドッグパークに初めて足を踏み入れる私とエンちゃんは、
まるで子供を初めて幼稚園に送り届ける日の朝のような緊張感。

そんな私達に犬好きの先輩方が色々なルールを教えてくれました。

パーク内ではリードはつけないようにすること。
リードをつけたままだと他の犬に攻撃されやすいんだって。

そう?と半信半疑でしたが、
やはり初めてドッグパークに来た方が
小さなワンちゃんにリードつけたままパーク内を歩いていたら、
大きなボクサーが走りよりリードを引きずりまわして大変なことになってしまいました。

ワンちゃん同士のケンカで押し倒されてガウガウされても決してキャインと鳴いちゃダメらしい。
キャインと1回だけの鳴きだったら何事もないけど、
キャイン、キャインと2回鳴いちゃうと
他の犬たちが一斉に集まってきて集中攻撃されちゃうのです。

集中攻撃といってもどのワンちゃんも本気噛みをしているわけではないので大怪我をすることはないですが、
さっきまで子供たちと楽しそうにボール遊びをしていたワンちゃん達が、
キャインの声を聞いた途端、一斉に攻撃し始める姿にびっくり。
泥遊びを満喫中のエンちゃんも動きが止まってしまいます。

でもこれは成犬同士のケンカで、パピーに対して皆で集中攻撃することはまずないのだそう。

犬社会もいろんなルールがあって大変そうだ。
エンちゃんもたまに調子に乗りすぎて怒られながらも犬社会のルールを学んでいってます。

犬たちの行動をみているととても面白い。
気がつけば1時間、2時間がすぐに過ぎている。
こんなんだから1日があっという間に終わっちゃうのです。