Others -   My phone    2012/09/17


桃の花が綺麗に咲き乱れているシドニー、
家には桃の木はないけれど、ほったらかしのベジガーデンにはミョウガの芽がニョキニョキ出てき始めました。



今日も良いお天気なので暑くならないうちにお散歩にでも行くかと
いつものようにエンにリードとウンチ袋を持ってこさせた。
私は家の鍵と携帯。
でも携帯がどこにもない。

ここまではよくあること。

家の電話から呼び出し音を鳴らして探し出すのだけど今日は全く反応なし。
そうだ、朝チェロのレッスンの前にサイレントにしてそのままだった。

チェロのレッスンの前までは確かに持っていた。
レッスンの後も車の中で携帯からお留守番をしているエンの様子をチェックした。
エンはケージの中でぐっすり寝ているようだったので30分ほどお買い物をして家に帰ってきた。

買ってきたお肉と一緒に冷蔵庫に入れたのかなと冷蔵庫の中もチェック、車の中も隈なくチェックしたけど、やっぱりない。

仕方がないので夫に電話してみた。

「携帯落としちゃったみたいなんだけど」と言うと,
「壊れた?」と言う夫。
「その落としたんじゃなくてどっかで失くしちゃったみたいなんだけど」と言ったら
「探せるからちょっと待ってて」と意外な返事が返ってきた。

んでちょっとして、「あんたの電話、○○ストリートにあるけど、これはどこ?」と言った。

ウールワースだ!!!

急いでウールワースに行ったらちゃんとありました。見つけてくれた方が保管してくれてました。
よかったー。ほんとによかった。

それにしてもiPhoneってこんな事も出来ちゃうのねとびっくりした。

私の携帯を見つけてくれたのはFind My iPhone というアプリ。
設定しておけばiPhone、iPad、iPod touch、Macを探し出せるんだって。

さて、エンちゃん。
お散歩に行けるもんだと、リードとうんち袋を持ってきてお座りして待っていたのに
私が「ちょっと待っててね」と慌てて出かけたもんだから
携帯を取って家に帰ってきたらリードを噛み切ってた(涙)



まだ顔が怒ってるし、、、。

かと思ったら、こうやって私の靴にアゴをのっけて帰りをずっと待っていることもあるのです。



私のハートを鷲づかみですよ。



Interilor -   Curtain    2012/09/03


Bi-foldの窓ってとっても開放的なんです。
ほらね、開け放っているとそこはもう屋外。



こんなんだからハエとかじゃんじゃん入ってくるし、ハエだけじゃなく鳥だって来ちゃう。

網戸をつけようにもこの窓用の網戸って
エンが引っかいたり、子供たちがビヨーンとよっかかったりしたら
すぐに壊れちゃいそうなものなのでつけてなかったのですが、
もうハエがいや。

なのでカーテンをつけてみました。

Lincraft, Spotlight、Ikeaを見てまわったところ、Ikeaが一番安くで揃えられる。

Ikeaのカーテンレールって、最高3m85cmまで長さを調整できるタイプなので
我が家の3mの窓にも3m80cmの窓にも継ぎ足しなしで使える。
そしてこのレールが1本15ドルとどこよりも安い。

カーテンだって幅2m50cm、長さ2m80cmのが2枚入って6ドル!
まー、値段なりのカーテンですが、幅とか長さとか窓に合わせてハサミでチョキチョキと切りっぱなしでいいのでめっちゃ楽チン。

カーテンを止めるリングとか取り付け金具とか全部揃えても85ドルでした。
Ikea、いいですね。

これでハエはシャットアウト、そんでもってエンは自由に出入りできる。



この夏は快適に過ごせそうです。


そしてもう1つ紹介。
朝、長男がカバンから取り出して「これ、あげる」とホイッと投げてきた。



家庭科の時間に作った洗濯ばさみ入れなんですって。

私は家庭科のお裁縫の時間がほんとに苦手でこんなに綺麗に仕上げたことがなかったから
長男の作った物をみてびっくり驚いた。

87点の高得点をもらっていた。

ちょうど洗濯ばさみ入れが欲しいと思っていたのでありがたく使わせていただきます。



Labrador -   insurance    2012/09/01


ここのところずっとお天気が良くて気持ちの良い毎日を過ごしています。

エンの足は順調に快復しているそう。
次の検診は10月なんだけど、心配性の私は細かいところがイチイチ気になって仕方がない。
膝が外を向いているとか、後ろ足がまだクロスしているとか、そこらへんが、大丈夫かいなと心配なんです。

担当のドクターはただ今ホリデー中なので抜糸や検診のときは別の先生が診てくれている。
2週間前に診てもらったときには全然問題ないと言われたのだけど、
次の検診まで1ヶ月ほどあるからそんなに心配だったら診察しましょうと言ってくれた。
そしてわざわざ足のスペシャリストの先生を紹介してくれたのです。

毎回、私の心配事は夫へ、そして夫がそれをSASH宛てにメールしてくれる。

今日診ていただいたドクターが挨拶のときに

「あー、あなたのメールはよく見るよ(笑)」 と夫に言った。
そんだけ私の心配事は多いのです。

結果、

全く問題ないんですって。

エンは背も高いし足も長い。
だから他の犬よりも快復に時間がかかるとのこと。
問題ないどころか、とても良い状態に快復しているので
今日から15分程度のお散歩を始めてくださいと許可が出た。

そしてまたもや診察料はいらないですと。
忙しいのにこんな過保護なバカ飼い主にもきちんと対応していただいて流石に申し訳なく思う。
SASHってほんとに素晴らしい動物病院です。

さて、保険の話しになりますが、
今回右足の手術とレントゲンやらで既に8500ドル以上を払っています。
保険会社の約款には血統書がない場合の股関節形成不全の治療は支払わないとはっきりと書いてあるのですが、
オージーだったら何かの間違いでうっかり支払ってくれるかもよと、
ダメもとでクレームしてみたところ、
なんと7000ドル戻ってきた!!!

思わず 「うっそーーー!!!」と叫んでしまった。

毎月42ドルの保険に加入してまだ13ヶ月。
それなのに7000ドルも返ってきた。
7000ドルといったら約14年分の保険料ですよ。

すごくない?

夫は保険なんていらないよと言っていたけど、
大型犬なんだから保険は絶対に必要!と、エンが家にきたその日から毎月私のお小遣いの中から捻出して支払っていたのです。
なので7000ドルの小切手が送られてきたとき、 「保険に入ってくれててほんとにありがとう」 と夫が言った。

「そうでしょー。感謝してよー。」と言ったけど、
保険が出ないと分かっても手術をしてくれたこと、毎回病院へも付き合ってくれてることなどなど、
心の中ではこちらこそありがとうだよ。

今回何で保険会社が支払ってくれたのかは謎だけど、保険に入っていてほんとによかった。

このあと、左足の手術がありますがこちらは流石にもう出ない。
でももしかしたらまたうっかりなんてことがあるかもしれないのでクレームはしてみます。

因みに保険会社は Petcover という会社。
他に良さげな保険会社はたくさんあるけど、
この保険会社、取り合えず支払いに関しては太っ腹。