Labrador -   多頭飼い    2012/12/21


子供たちの長ーいスクールホリデーがスタートしました。

次男は来年から長男の通うハイスクールに。
卒業式の後はお友達の家でプールパーティーがあり、
皆制服のままプールに飛び込んで大騒ぎをしたそうです。



ご近所さん、いい迷惑だっただろうな。

来週から夫もお休みに入ることだし、ビーチに行ったり楽しくのんびり過ごそうと思っていたのだけど
5日前に寝違えて首をいためてしまいました。
それが日に日にひどくなり、肩、腕、そして指先が痺れてきて、ただ今安静期間中。
座っている分にはいいけど、歩くと辛い。

子供たちがホリデーに入ったので、エンのお散歩とかお掃除とか
ご飯もそれなりに食べられる物を作ってくれたりするので随分助かってます。
私はソファーに横になりながら、あれして、これしてと指図するのみ。

早く治ってくれなきゃ困るな。みんながね。

話しが変わって、私はワンちゃんがもう1匹欲しくて探しています。
少し前の次男のように実は私もゴールデンレトリバーの子犬が欲しかったりする。
でも次に飼うときは絶対にペットレスキューからと次男に言い聞かせている手前
そんなことは口が裂けても言えない、、、。

ワンちゃんはペットレスキューから。
自分にそう言い聞かせ次男と2人でちょこちょこサイトをチェックして、
この子はどうか?とエンゾーと仲良くなれそうな子を見つけては
その都度夫にメールを送りつけていたのだけど夫は完全に無視してくれる。
それでもめげずにしつこく送り続けていた。
ある日仕事から帰ってきた夫が「あの子、いいねー」と。
最初何のことだかさっぱり分からなかったけど、
どうやらお昼ごろに送ったワンちゃんのことらしい。

だったらすぐに連絡してみて!ってことで連絡したら
申請書に記入して返信してくださいとのこと。

その申請書というのがすごいですよ。
5ページにもわたる質問の量。
これらの申請を面倒だと思う人は最初からアプライする必要もないということなんでしょうね。

何とか夫に埋め尽くしてもらい返信したら
一応合格ということでこの週末にエンゾーを連れてワンちゃんに会いに来ませんか?という連絡をいただいた。

私達が気に入ってもエンゾーと相性が合わなければお互いストレスになるだけだからね。

もしエンゾーと仲良くなれそうであればまずは2週間のトライアルということで一緒に生活をします。
その際にお家のインスペクションもされ、家族構成、フェンスだの十分なスペースがあるかなどをチェックされるのです。

めんどくさーとちょっと思ってしまうけど、
こういったペットレスキューのワンちゃん達は、
オーナーの事情で飼えなくって手放されたワンちゃん達なので
同じ思いをさせたくないという気持ちがあるから事前の審査が厳しいのです。

その子は生後5ヶ月のラブラドールとシェパードのクロスの女の子。
ラブラドールとシェパードとなると股関節のことが激しく不安だから保険は必須だな。

エンちゃんと仲良くなれそうだったらいいな。

余談ですが、槇原敬之さんって大の犬好きで7匹だか8匹だか飼っているらしい。
彼が言うには犬は英語でDog、その Dog を逆さにすると God になる。
犬は天から舞い降りてきた神なんですと。
私はまだ彼らを神とまでは思えないけど、槇原さんは流石に綺麗な表現をするなーと。



Others -   Swimming Pool    2012/12/20


冬になったら暖炉があったらいいなーとなり、寒い時期を越えるとやっぱいいかとなる。
そして夏になるとプールがあったらなーとなり、涼しくなるとやっぱりいらないやとなる。
で今は夏真っ盛り、なのでプールが欲しい病。

4年ほど前に「プールを作ろう!」と業者の方に来てもらったことがある。
夫なんてお洒落なプールがたくさん掲載された雑誌とか買ってきたし、
お友達はプールで使ってねとフロートベッドをペアでプレゼントしてくれた。

こんなに盛り上がったプール計画なんですが、、、
業者の方の「ここにはプールは作れないよ」の言葉に打ちのめされた4年前。

そう、ガムツリー。

我が家のバックヤードにはガムツリーがあって
カウンシルの規定ではガムツリーから半径3メートル以内は作れない。
そのガムツリーがポン、ポン、ポンと一定距離を置いて3本もあるから
それぞれが半径3メートル作れないとなるとかなり広範囲が作れないエリアになってしまうのです。

ガムツリーはカウンシルが切り倒す許可をおろさないのでプールは無理だと。

しかもこの木って落ち葉がすごいし、4年に一度だか木の皮がポロポロはげるから
庭掃除が大変なんですよ。

その落ち葉と木の皮で埋め尽くされた庭を定期的に家族揃って掃除をするのだけど、
先日 「俺はもうこの庭掃除がほんとに嫌だ!」 と突然夫がキレた。
そして木が一本もないところに引っ越そうと言い出した。
そんでもってプールがあればもっといいと。

早速何件か物件を見てまわって、同時に我が家の査定にも来てもらった。
不動産屋の方に「探しているお家はどんなの?」と聞かれ
 「木が1本もないところを 」 と言っていたのでどんだけ庭掃除が嫌かがよく分かる。

我が家が思ってた以上の査定額で喜んだけど、
今は売り買いするだけでスタンプデューティーなどで5、6万ドルかかるらしい。
値段があがったのは我が家だけではないので、5、6万ドル上乗せしてやっと今の家と同じくらいの物件が買えることになる。
カーペットとかバスルームとかをリノベーションすると更にかかる。

5、6万ドルかー。
それだけあればプールが作れる。
木を切り倒してプールを作る。
それが出来れば一番いい。

とういことでまたプール業者に来てもらうことにした。
今度はローカルのプール業者にきてもらう事にした。
もしかしたらこの4年の間にカウンシルのルールが変わっているかもしれないし、
ローカルの業者だったらカウンシルとも何かしらの繋がりがあるかもしれないのでね。

そして一番最初に連絡をくれたやる気のある1社目からは、ちょっと若めのお兄さんがやってきた。
バックヤードのガムツリーを見るなり、半径3.5メートルは作れないと言った。
カウンシルの規定がもっと悪くなってるやん(涙)
なのでやっぱりここにプールは作れないと。

無理だろうなと分かってはいたんだけど、やっぱり打ちのめされた。

何が何でも庭掃除をしたくない夫は、何とかならないものかとカウンシルに電話をかけたらしい。
プールを作りたいけどガムツリーを切れるのかと聞いたら、答えは当然 「No」
なので今度は 「今までにプールが理由でガムツリーの許可をしたことがある?」と聞いたら、
プール業者のプランの許可がおりれば、そのプールから3メートル以内の木は切れると言ったらしい。
その際の許可は、木のセクションとは違う部署が許可をおろすと。

そういった業者を探せばいいってことですよ。
ちゃんと抜け道があるじゃない。

で、この辺りで長くやっているCrystal Poolsという所に来てもらった。
経験豊富そうなおっちゃんで、ガムツリーのことなんか屁でもない様子で「問題なく作れるでしょう」だって。
3本全部切り倒すのは無理かもしれないけど、2本だったら大丈夫だと。
そんでもってバックヤードの芝生のエリアがほぼプールになるので
これからは芝刈りも前庭だけになる。

お家を引っ越したくない次男と、庭掃除が楽になる夫と、
プールでエンちゃんと泳げる私はとても喜んだ。
ただ1人、「僕はもっと遠いところから友達と一緒に歩いて学校に通いたいんだ」と
偏屈長男だけが 「引っ越さないのかー」と残念がってます。
今学校まで歩いて2分の距離。 
皆とは逆方向なので寄り道して買い食いとか出来ないのが嫌なんだって。贅沢な。

さー、プールが作れるとなったら一刻も早く進めたい! と思うけどここはオーストラリア。
もうカウンシルがホリデーシーズンに入っちゃったからちゃんと仕事をし出すのが1月末だそうで、
なので許可がおりるのは2月か3月ごろになるかなーだって。
そしてプールはそこから3ヶ月ほどかかるらしい。

出来るのは冬かー。

木だけ倒したあとでプールはやっぱりいらないかーと、夫が言い出さないか激しく心配。



Kids -   Christmas present    2012/12/17


ショッピングセンターはどこも混みこみなのでお買い物のあとはどっと疲れてしまう。
コストコも混んでない時間帯にと夫と朝一で出かけたら、考えることは皆同じ。
開店前だというのに行列が出来てた。

子供たちへのクリスマスプレゼントですが、
次男は小さな物をちょこちょことたくさん欲しいと言っていた。
ワクワクしながらラッピングをビリビリと破いてたくさんのプレゼントを開けたいんだそう。
長男は「僕は何もいらないから Xbox を戻して欲しい」と言っていた。

去年の10月に子供たちがゲームばかりしていることに腹を立て
Xbox を床に叩きつけてしまったことがあった。
その時に部品らしきものが飛び散ったのでそこにいた全員、完全に壊れたと思っていたのですが、
実は壊れてなかったんですって。
Xbox って頑丈なんですね。

子供たちと夫が恐る恐る電源を入れたらワークしたと。
ただ、壊れてないと分かると次は私が確実に壊してしまう事を恐れて内緒にしていたらしい。

長男、テストの結果は良くも悪くもなかったけど、
取り合えずやらなきゃいけないことはきちんとやっているので先月 Xbox を戻してあげた。
これが何よりもうれしいクリスマスプレゼントだそうだ。

我が家は努力をしない物は何も得ないという方針。
今回大きな結果は得られなかったけど、2人とも地道に頑張っているのでちょこちょこしたプレゼントをたくさん用意した。



次男、喜ぶかな?

本来ならこれらのプレゼントはツリーの下において当日開けるんだろうけど、
2人にサプライズしたいのと、何しろウチにはホラ、好奇心旺盛なこれがいるからね。



ラッピングをしている私の側で、絶えず隙を狙っていて、
ちょっと目を離したすきにサッと口に咥えて持ち去るつもりらしい。

なのでイブの夜に子供たちが寝た後、スーツケースごとツリーの下に置いておくつもり。
当日の朝は恐ろしく早く起きてくるであろう次男の顔が楽しみ。



Food and Drink -   Butter rice    2012/12/16


クリスマスまで後9日。
近所に毎年盛大な飾りつけをするお宅があるのでちょっと回り道をしてきた。




電飾がこれでもかっ!ってくらいてんこ盛り。
毎年ワクワクさせてくれてありがとうです。

さて、この間皆でご飯を食べながら「深夜食堂」というドラマを見ていたら
バターライスというのが出てきた。

熱々のご飯にバターをちょこんとのせ、バターがじんわり溶け始めたころにお醤油をちょこっとだけたらす。
これをかき混ぜながら食べる。
私としてはご飯にバターをのせるとこにちょっと抵抗があるんだけど、
ドラマの中の俳優さんが、また美味しそうに食べるんだわ。
それをじっとみていた長男、ご飯をよそってきてバターライスにしてと言った。

一口目は「ん?」という顔をしていたけど、2口、3口と食べるうちに
「これ、美味しい!」と言っておかわりをした。
そんなに美味しいのならと見ている私も食べたくなり、
既にお腹一杯だったけど、おかわりしてバターライスを食べちゃった。

それに釣られて次男も。

この状況で釣られなかったのは夫だけ。

確かにバターの風味が香ってバター好きな人には癖になるのかも。
現に長男と次男は学校から帰ってきたらおやつ代わりにバターライスを食べたがる。

こうやってバターライスが受け継がれていくんだなー。
将来この子たちが結婚して、奥さんに「なにそれ、キモチワルッ」とか言われませんように。


おまけ写真

この間の検診でもしかしたら左足は手術をしなくてもいいかもしれないと言われ
しばらく注射で様子をみることにした。
ソファーも解禁になった。



ここがエンの定位置。
気持ち良さそうにお昼ねしている姿をみてるとこっちまで眠くなってくる今日このごろ。



Others -   New bike    2012/12/11


気がつけばもう12月も半ば。
早い。
1年があっという間に過ぎていく。

そうそう、この間エンの足の3ヶ月検診でSASHに行ったら
ボンダイベットという番組の撮影日だったらしく、
イケメンドクターとして有名なドクタークリスが来ていた!



テレビでみるまんま。
真っ白い歯がキラリンとした爽やかさ、有名人オーラがでまくってました。

ちょっと得した気分。

さて先日、自転車を買いました。
少し前にお友達の家まで自転車で行ってみようと長男の自転車を借りて行ってみたことがあるのですが、
この自転車、ギアーも壊れている上、タイヤの空気もすぐ抜けちゃうからまー乗りづらい。
漕いでも漕いでも進まなくてほんとに疲れた。
最近次男もお友達と自転車に乗ってよく遊びにいくようになったし、
そろそろ替え時かなーと、家族皆が乗れる自転車を買うことにした。

私的にはこんなのがいいなーと密かに思っていたけど



ボーイズ3人がこんなのを選ぶわけがない。

結局、一番乗るであろう次男がはりきって選んだのがこれ。



BMXというタイプの自転車で次男の周りではこのタイプが流行っているらしい。

こんなちっちゃいけど、これが大人用なんですって。
しかもBMXって競技用の自転車じゃん。

早速私も乗ってみたけど、サドルがめっちゃ低いんで
「これサドルを高くしないとね」と言ったら、

「今は皆、サドルには座らないんだよ」と。

す、座らないって、どういうこと???

そう、BMXは基本立ち漕ぎらしいです。

まんまと次男にクリスマスプレゼントを買わされてしまいました。