Interior - Hammock     2014/11/18


少し前にコストコでハンモックを買った。安かったから衝動買い。



布の柄が全然好きじゃないからほんとはこんなの部屋には置きたくないのだけど、
それでもここに置いてしまうほどハンモックには魅力があるのですよ。

ゆらゆら揺れて気持ちがいい。

そして週末は夫と取り合いになる。夫もハンモック大好き人間。

あるとき日本のテレビを見ていたらインドの紹介をしていて
インドでは老人になると揺れるものに座りたくなるんだって。
だから家にブランコを設置するんだそうだ。

夫も私も老人の域に入ったってことなんでしょうか?



A day - Clean up     2014/11/17


気がついたらもう11月も半ば。
1年があっという間に過ぎていくのだけど、これは皆も同じなのかしら?

先日、長男と次男の部屋の大掃除をした。
私からみたら、ごみとしか思えない物がてんこ盛り!
それらが床や机の上に散乱しているのですよ。
毎回掃除機をかけるたびにイライラする。

それでも勝手に捨てちゃいけないだろうから、
取りあえず整理整頓だけした。
それだけで部屋がほんとにすっきりとする。

さて、次男のベッドの上にあるヒモのような物。これなんだと思います。
これはとっても大事なものらしく、「絶対に捨てないでね」と言われてるもの。



これ、毛布のふち。広げたらわかりやすい?



長男がうまれたときに買った毛布、次男がうまれたときに引き継がれ、
もうかれこれ16年。

16年使い続けてフチだけになっちゃった。

次男はシルクのこのフチの手触りが大好きらしい。だから捨てないでって。
なので私もお洗濯をするときも大事に取り扱っている。
生意気な口をきいてもまだまだ子供っぽい。

ついでに夫の部屋も大掃除した。

棚に無造作に突っ込まれてるたくさんの紙袋。
本屋のだったり、スーパーのものだったり、何かを買ったときに入れてくれるお店の紙袋。
これはいらないだろうと全部ゴミ箱に入れて、棚をすっきりさせた。

そしたらさ、次の日、夫の部屋に入ったら捨てたはずの紙袋がまた元の棚に戻ってたよ。

古すぎて色もあせちゃったりしてるのに、いつ使うのさ。