Interior -  マグカップ   2017/03/24


マグカップが届いた。

ルクルーゼのマグ。



ここ数年はKマートで売っている、黒字に白の水玉模様のマグカップがお気に入りで
色がはげてきては買い足してを繰り返していたのだけど、
先日Kマートに行ったら、もう水玉のマグカップが売っていなかった。

他のデザインのマグカップになってましたよ。

大きめサイズでめちゃくちゃかわいかったのに。

しかも1つ2ドルだから10個くらいまとめて買っていたのです。
10個買っても20ドル。

ルクルーゼのマグは1つ15ドル前後とKマートに比べるとお高いけど、
毎日3、4杯のコーヒーを飲むから気に入ったマグでないと。

んでもって食器洗い機でガシガシ洗えるやつ。

ルクルーゼのマグ、食器洗い機も電子レンジもオーブンも冷凍もいけるらしい。

取りあえず売っている色を揃えてみた。

でもちょっと色ががちゃがちゃしすぎた感。



黒いのが思ってた以上に格好よかったからこの3色だけにすればよかったか?



いや、ミントグリーンさえなければいいのか?



うん、これだ。

ということでミントグリーンのを黒の格好いいやつに交換してもらうことにしましたよ。

ここのオンラインショップ、返品や交換の理由が、「心変わり」 でも快く交換してくれるのです。

オンラインショップはこちら → everten



Interior -  New Bathtub   2017/02/03


先日シャワーを浴びながらついでにシャワースクリーンのお掃除をしていたら、
上からタイルが8枚も剥がれて落ちてきた!

そのタイルが肩と手の甲に当たって怪我しちゃいましたよ。
幸い傷は浅くて病院に行くほどでもないからよかったけど、
これが子供たちでなくて本当によかったと心から思った次第です。

もし頭や顔だったらと思うと、ゾッとする。

タイルの浮きが気になっていたから、そろそろリノベーションをしなきゃなーと
母のリノベーションをお願いしたおじいちゃんビルダーのケンに見積もりを出してもらっている最中だったのです。

ケンは面倒くさがりだからさ、今回も私の希望を聞きながら
それは出来ない とか それはビッグジョブ だとか相変わらず拒否から入る。

で、いろいろやり取りしていたら夫の知人がケンよりも更に安くでやってくれる人を紹介してくれた。

この人は電話連絡をしたその日に家までやってきてどこよりも安い見積もりをくれ、
んで来週から始めてくれることになりましたよ。

このお家を建てるとき、
家族皆で入れるようにとバスタブをバカみたいに大きいのにしちゃったけど、
家族揃ってバスタブにつかるなんて子供が小さかったときだけだったし、
一人で入るにしてはお湯を使いすぎちゃう。
なので今となってはだーれも使ってなかったのです。

今回設置してもらうのはこれですよ。



1人用のバスタブ!

使ってみたいバスソルトやらバスボムやらあれやらこれやらと妄想膨らみ中。




Interior -  Hanging chair   2017/01/27


先日夕食後にエンたちのお散歩をしていたら
こんな物が捨ててありました。



ハンギングチェア!

欲しいものリストには入らないけど
お店で見かけるたびに 「いいなー、これ」 と言っていたもの。

編みこんだカゴはほつれてボロボロだったけど、
フレームとスタンドはしっかりとしていたのでね、
一応捨ててあったお家のオーナーにお持ち帰りしてもいいか確認していただいてきた。

ほつれたカゴをきれいに取り払って
新しい紐で編みこんでいくつもりでいたけど、
クッションを置くだけでこのままでも使える。



こんな素敵な物にめぐりあえるなんて、今年も幸先いい!


夫の頬の荒れを治すべく今日もビーチへ行ってきましたよ。
今日は波がそう荒くなく、ブルーボトルもいなかったので
夫もエンに救助されることなくボディボードを楽しむことができた。



浅瀬で遊ぶエンとマリー。



週末もお天気になりますように。



Interior -  Painting   2016/11/17


長男が1ヶ月ほどいないのでね
その間に彼の部屋のペンキ塗りをしましたよ。

ピスタチオグリーンで塗ってた壁をグレーと白のストライプにしてみた。



んでついでにベッドとか棚の配置換えも。

次男に「勝手にやって怒られない?」と言われたけど、
次男がフィジーに旅行中、私が次男の部屋のペンキ塗りをしていたら
長男が、「もしかして僕が日本に行ってる間に僕の部屋もペンキを塗るつもり?」と聞いてきた。

なので 「もちろん。何色がいい?」と言ってみたら

「やめてくれ!」と言われると思いきや
「グレーか黒がいい」と答えたのでびっくりですよ。

もともとそう明るくない部屋なのでグレーや黒一色だとさらに暗くなっちゃう。
なのでストライプにしてみた。
それ以外の壁も元の色よりワントーン明るい白にしたので部屋が明るくなった!
そしてこの横ボーダーが部屋をちょこっと広くみせてくれるしね。

いい感じに仕上がりましたよ。



Interior -  ステイン塗り終えた!   2016/10/20


ステイン塗り終えた。



多少ムラがあるけどなかなか良い感じの色に仕上がりましたよ。

デッキも出来上がってとっても素敵なお部屋!

になるはずだったのに、

母がヘンテコなキッチンカウンターを選んでしまった辺りから、
私の作りたかった北欧系のお部屋とはどんどんかけ離れ、
今ではヘンテコなお部屋になってしまってますよ。

いつの間にかこんなランプ置いてるし、、、。



もうね、部屋に入るたびにただただ残念な気持ちになるのです。



Interior -  完成!   2016/10/15


ウッドデッキ、完成!



こうやって見ると、節が多いなー。
自分で選ぶときはなるべく反りがなく節の少ない板を選ぶけど、
今回はお任せして配達してもらったから節の多いのは仕方がないですね。

工具の後片付けをしていたら、
「そろそろプールのゲートをあけてもらってもいいですか?」 と
エンちゃんが催促しにきましたよ。

エンが泳いでいる間、エッジの一辺にステインを塗って色味チェック。



今既にあるデッキの修繕が終わったら
まとめてステイン作業に入ります。



Interior -  Wood deck   2016/10/10


ウッドデッキ用のパインが届きました!



パインはHardware & General で買いましたよ。

6メートルのを20本。
これで3メートルx3,2メートルのデッキを作り、残りは今既にあるデッキの傷んでいる部分の修繕用。

当然車にはのらないのでデリバリーしてもらいましたよ。

なんとここのお店、無料でデリバリーしてくれるの!
バニングスはデリバリーサービスはないし、他はどこもデリバリー代として60ドルくらいチャージされちゃうのです。

だからこのサービスは本当にありがたい。

ささっと作ってしまいたかったけど、デッキ用のスクリューがなくなっちゃったのと、
電動ドリルの電池がきれちゃったので今日の作業はここでおしまい。

ワンちゃん2匹がずっと恨めしそうに見ているのでね、これからお散歩です。



Interior -  IKEA kitchen   2016/09/09


IKEAでオーダーしていたキッチンのベンチトップが届きました。

少し長かったので端っこと、シンクの部分をジグソーで切りおとします。
切る部分にマスキングテープをはるとラミネートが欠けることなく綺麗に切れますよ!



ベンチトップの取り付け完了!



シンクに蛇口用の穴を開けた後シンクをとりつけ
蛇口と排水溝をつないで戸を取り付けたらキッチン完成!



左端にはミニ冷蔵庫が入りますよ。

IKEAのキッチンは、とっても分かりやすくツールがあれば簡単にインストールできますよ!

あとはワードローブの周り部分を何とかしたらお部屋が完成です。



後もう少し。

がんばれ、私。



Interior -  Flooring   2016/08/29


週末は床張りをやりましたよ。

ラミネートの床板なんだけど、
床材を買いにいったお店で Vinyl plank floorというのを見つけた。
インストールがすごく簡単だし、防水だし、ラミネートの床よりも丈夫なんだって。

Vinyl plank floorにも2種類あって、薄い板をクリックして繋げるタイプと
ちょっと分厚い板をただ並べるだけのものがあるそうです。

薄い板の方は若干お安いけど、100%床が平らでないといけないのでプロの方用、
素人がやるなら分厚い方がインストールが簡単だというのでそれにしました。

18cmx120cmの板をただ並べていくだけ。下に何も敷かなくてもいいらしい。
下がゴムになっているのでボンドではり付ける必要もないらしい。
ボンドではりつけないからもしダメージがあった場合、ダメージがある板だけ簡単に取り替えられるの。

端っこからどんどん置いていくだけなのでめっちゃ簡単!

と 思ってたけどさ、

部屋のサイズを測ると部屋が真四角じゃなくて台形なのですよ。
なのでもし一辺の壁からはじめちゃったらどんどん木目が斜めになってしまうんじゃないかと。



なので部屋の中心を探し、そこから並べていくことにしました。
ずれないようこの中心の板だけは両面テープではりつけましたよ。

15センチ未満の短すぎる板版や幅が細すぎる板はお勧めしないとあったので
端っこがそうならないよう、事前に配置を考えておくと板が無駄にならなくていいし、最小限の購入ですみます。

凹凸のあるドア下なんかはちょっと面倒だったけど、インストール完了!

作業は完璧~。
ただ、この床の色も母が選んだ色。
私が思い描いていたお部屋とは少しずつ遠ざかってますよ~(涙)


前日の床張りで疲れたのでね、
翌日は癒しのためにマンリーまで行ってきましたよ。
5時45分に家を出たので日の出に間に合わないかも!と思ったけど、間に合った!



ほんとうにきれい。

朝日を浴びながらシェリービーチまでテクテク歩きそこでコーヒータイム。
眠気も疲れも吹っ飛びますよ。



Interior -  IKEA Kitchen   2016/08/24


母の部屋のキッチンは追々と思ってましたが、
母がキッチンをみにどうしてもIKEAに行きたいとうるさいので一緒に行って来ました。
好みが全く合わないからさ、本当は一緒に行くのはいやなの。
一人で行ってさっさと決めたかったのだけど仕方なく。

真逆の好みだからお互いが譲歩しないと全く進みません。
私は木の温かみのある北欧系の部屋にしたかったのだけど、
母はゴージャス&お姫様系だからね
2人が「まーこれならいいか」と妥協するには「白い物で統一する」 
これしかないわけです。

取り付けのものは白で統一して、後でどうにでも替えられるインテリアを好きにすればいい
と言ってるのですが、「そうね」と言いながら全然そうしようとしない。

案の定、キッチンカウンターは大理石風のを選んでましたよ。
選んだのが黒でなかったのがせめてもの救い。

母とは意見が全く合わなくてどれ1つ決めるにもヤレヤレ状態だったけど、
IKEAのキッチンセクションはスタッフがとてもテキパキとしていてすごくいい!
週末は激混みだからスタッフを独占したければ事前に予約をするか、平日に行くといいですよ。

部屋のサイズ、窓の位置とかドアの位置とかパイプの位置を正確に測っていけば
後はIKEAのキッチンセクションのPCでキッチンベースをレイアウトしてドアやらノブやらシンクなどを選んでいくだけ。
その間、テキパキしたスタッフがアドバイスをしてくれたりと細やかにお手伝いしてくれる。

んでそれをプリントアウトしてお金を払ったら 「キッチンカウンターと在庫切れのドア以外は明日配達しますよ」だって。
早っ!

母が選んだ大理石風のキッチンカウンターはカスタマイズ商品なので14日ほどかかるらしい。
シンクの場所を切り抜いて欲しかったけど、ミリ単位での正確なサイズが必要らしい。
私の場合、きちんとした寸法がちょっと曖昧だったからこれは自分でやることにしました。
ジグソーがあれば簡単にカットできるんですって。

担当は若い女の子だったけど、DIYに関しての知識も豊富でほんとうに助かりました。



Interior -  Granny room   2016/08/18


母のお部屋の改装工事、着々と進んでおります。

内装はすべて私に任せる と言っていた母ですが、
タイルとか洗面台とかキッチンとか壁の色とかクローゼットとか
あれがいい、これがいいと、全然おまかせでない。

私と母は好みが全く違うのですよ。

フローリングは赤っぽい木がいい!
キッチンカウンターは黒の大理石!
バスルームのタイルも大理石みたいなのがいい!
と ゴージャス系がいいらしい。
でもってベッドはパイプベッドを買ってたりする。

母の意見を取り入れるとがちゃがちゃなお部屋になりそうだけど、
全く無視するのもよくないので
お互いに譲歩しながらやってます。

先日バスルームのタイル張りが完成。



おじいちゃんビルダーに
「そんな物は取り付けできない!」と2度ほど断られた細長い排水溝も完璧に取り付けてもらいましたよ。

おじいちゃん、完成した排水溝をみて、
「こんな排水溝、初めてだよ。でもすごくいいな。」だって。

後はトイレ、洗面台とシャワースクリーンを設置すればバスルーム完成!

んでペンキぬり、床張り、ワードローブ、キッチン&棚の設置は私がやるのです。
一番大変なペンキ塗りはほぼ終わってるし、床張りが完成すれば母もここに移れますよ。
キッチンなどはぼちぼちやっていこうかなと。

ガレージの三分の二が母のお部屋になってしまったので
残り三分の一のスペースにすべての荷物を置かなければならないのですよ。
だから荷物を整理して棚を作って となにかと忙しい。

エンが子犬のときにガジガジとかじってしまったベンチ。
ずっとガレージに放置していたけど、上のシート部分を取り外してリメイクしましたよ。



完成!



写真を撮っていたらエンがきた。



もうかじらないでね。



Interior -  Garage Conversion    2016/07/23


先月初めに母も再永住でやってきて、
カウンシルの許可も無事におり、
3日ほど前からリノベーションが始まりました。

今回お願いしたビルダー、
見た目はとっても怖い極悪顔の大柄のおじいちゃんなんですけど、
なんせ見積もり金額が他よりも2万ドルくらい安い上に、
他のビルダーは、ガレージを部屋にするのは違法だけど黙ってやれば分からないという中で、
唯一、カウンシルの許可は簡単に取れるのだからちゃんと取っておいた方がいいと
許可を取ってくれた。

いつかこの家を売る際にも許可があるのとないのでは随分違ってくるのです。

人はみかけによらないですねー。

見た目はいろんな違法なことやってそうだからさ、
後で法外な値段を上乗せられるんじゃないかと心配してるんですが、
工事が始まってすぐに、なんでこんなに安いのかが分かった。

ここオーストラリアは人件費がとっても高い。
何かをお願いすると材料費が半分、残りの半分が人件費。

このおじいちゃん、極力人を使わないのですよ。
人件費がかからない分安いのです。

でも困ったこともある。

なんせおじいちゃんだから、新しい物を知らないし、いやがる。
んで朝も早い。

毎朝6時半にやってくる。もっと早くてもいいとか言う。
とりあえず、コーヒーを飲みながら
今日やることの報告を受け、んで私からのリクエストを伝える。

私からの物珍しい物のリクエストはなんだかんだと理由をつけてまず確実に断られる。

トイレにウォッシュレットをつけたいと言ったときは
この存在自体を知らないから本当に驚いていた。
んでこんな物は取り付けられないと言われた。

これは私が取り付けるから、電源の取り付けと配水管の形状のみをリクエストをしたのだけど、
どういう仕組みなのか知らないと気がすまないらしい。

このじじい!と思うときもあるけど、
毎回帰るときはきれーいにきちんと掃除してくれてるし、ちょっとしたプランの変更なんかはすぐにやってくれる。
とにかく仕事がはやい。



2日間で部屋のフレーム、床の底上げ、裏庭へ続くガレージドアを取り払って窓をつけてくれたよ。



エンちゃんも早速視察。

完成してみないと分からないけど、と まだこのマフィア顔のおじいさんを疑ってたりするけど、
次にバスルームのリノベーションをするときも多分この怖いおじいさんにお願いするかもしれない。



Interior -  Replace a door   2016/06/06


冬はいつも引きこもりなんですが、
引きこもってDIY三昧やってます。

先日はランドリーのドアーをガラス付きのドアーに替えました。

冬はさ、ランドリーのドアーを開けておくとスースーと冷たい冷気が来て寒いのです。
かといって閉めておくと光が入らなくて暗いの。
だからガラスつきのドアーにしてみましたよ。



完璧です。

そしてお次はプールフェンスのペンキ塗り。



カラーボンド、14枚。

エアースプレーガンってのを買ってきてそれでシューっとね。
エアースプレーガンを使ってのペンキ塗りは初めてです。

1枚目は要領がよく分からなくて結構な厚塗りになり、
2枚以降は要領をつかみうす塗り仕上げですごく綺麗に仕上がった。
でも10枚目ごろからこの作業に飽きてきて、早く仕上げようとまたまた厚塗り気味になっちゃった。

厚塗りでもきれいに乾いたからOKだと思っていたのだけど、
この週末の大荒れお天気のあとにフェンスのチェックをしたらさ、
厚塗りをした部分がヨレヨレになってましたよ。

なので今日はヨレヨレ部分にヤスリをかけて、明日またスプレーでやり直し。

冬は引きこもりだけど何かと忙しいのです。




以前のはこちら