Milk Glass - Salad Bowl      2008/11/14


ミルクグラスではないのですが、ミルクグラスのように透ける綺麗な器を見つけました。
素材はプラスチックなのかな?
でも落としたら割れてしまいそうな気もするし、でも割れないような。
手作りなので一つ一つ色や形も違うのだそうです。
写真で見ると何だか粘土細工のようですが、
ミルクティー色の綺麗なサラダボールとサーバーのセットです。





この季節、ビールが美味しい季節なのですが、
ビールを飲むと足の親指が痛くなってしまいます。でも飲みたい。
そんな話をしていたら、リフレクソロジーの資格を持った方が近くにいて
痛風にもいいんじゃないかと試しにやっていただきました。

足裏のマッサージなのですが、これが痛いような気持ちいいような痛気持ちいいという表現がぴったりで
1時間以上も丁寧にマッサージして足の裏をほぐしてくれます。
たった1回でははっきりとした効果は分かりませんが、しばらく続けてみようと思います。
ただ、ビールを飲みたくなくなるツボでも押されたんじゃないかと思うほど、
あんなに飲みたかったビールがその日以来飲みたくないのです。不思議です。



Milk Glass - Collection       2008/06/09


ミルクグラス、飽きもせずまだ集め続けています。
それにしても随分集まりました。もう棚は一杯でこれ以上増やせないのは
分かっているのですが、見かけるとついつい。
来週は更に10個ほど届く予定なので、その分のスペースを作るため、
今日は早くから棚の整理をしました。

一つ一つ手に取っては、じっくり眺め、磨いたり、並べたり、写真を撮ったり、
この、光がほんのりと透けるところにうっとりなのです。
出来る事ならミルクグラスとチェロだけの私専用の部屋が欲しいと思う今日この頃。

my collection.


Milk Glass           2006/06/11

コレクション用に買った食器棚も、増え続ける食器の数に対応しきれなくなりつつあります。
これで最後、これが手に入ったら後はもういらないやと、その時は本当にそう思っているのですが、
マーケットやオークションなどでミルクグラスを目にすると、ついついコレクター魂が。
で、上記のような事を繰り返す日々。
もう製造されていない物だという思いが余計にそうさせてしまいます。



こんなに人気があるのに製造を中止してしまったミルクグラス。
恐らく電子レンジの普及が主な原因ではないかと。
一応、オーブン、電子レンジ対応とのことですが、電子レンジには弱いのだそう。
当時の技術では型を流し込む際にどうしても気泡が入ってしまうことが多かったようで、
その気泡が電子レンジの急激に上昇する温度で膨張し、粉々になってしまうことがあるのだそうです。
便利な電子レンジが普及すればするほど、対応できない食器は製造中止にせざる終えなかったのかもしれません。

技術の革新によって産まれる物と消えていく物、だからこそ今ある物を大切にしていきたいな。


・・・というのが、夫に対する私の言い訳だったりします。
Grabbed My Heartにミルクグラス3点追加しました。